資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

ガス溶接作業主任者

ガス溶接作業主任者って?

アセチレン溶接装置又はガス集合溶接装置を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の作業を行う場合には、ガス溶接作業主任者免許を受けた者のうちからガス溶接作業主任者を選任することが必要です。

作業主任者は、これらの作業全般の責任者として作業方法の決定、作業者の指揮などの職務に携わります。



ガス溶接作業主任者のお仕事って?

ガス溶接の指導、管理を行います。

ガス溶接作業主任者になるためには?

ガス溶接作業主任者になるためには、安全衛生技術試験協会が主催する資格試験に合格することです。



試験ガイド



試験ガイド
受験資格 試験日 受験手数料 合格率
下記参照 4月、6月、10月、12月 8,300円 80%程度


試験科目
内容等
・ガス溶接等の業務に関する知識
・関係法令
・アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識
・アセチレンその他可燃性ガス、カーバイド及び酸素に関する知識


ガス溶接作業主任者の受験資格
受験資格
(1)ガス溶接技能講習を修了した者で、その後ガス溶接等の業務に3年以上従事した経験を有するもの
(2)学校教育法による大学又は高等専門学校において溶接に関する学科を専攻して卒業した者
(3)学校教育法による大学又は高等専門学校において、工学又は化学に関する学科を専攻して卒業した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの
(4)構造物鉄工科又は配管科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者
(5)養成訓練(金属成形科)を修了した者
(6)養成訓練(溶接科)、普通職業訓練(金属加工系溶接科)を修了した者で、その後2年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの
(7)鉄工、建築板金、工場板金又は配管の1級又は2級の技能検定に合格した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの
(8)旧保安技術職員の規則による溶接係員試験に合格した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの
(9)専修訓練課程の普通職業訓練、専修訓練課程の養成訓練(溶接科)を修了した者で、その後3年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの
(10)指導員訓練(機械制御システム工学科又は精密機械システム工学科)を修了した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有するもの


ガス溶接作業主任者お役立ちリンク集



(財)安全衛生技術試験協会
ガス溶接作業主任者資格試験の詳細はこちらのホームページをご覧ください。





Sponsored Link