資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

ボイラー技士

ボイラー技士って?

ボイラー技士とは、ビルや工場、マンション、病院、温泉施設など、ありとあらゆる所に使用されているボイラーを取り扱う専門家です。

建物にとってボイラーは必要不可欠なものです。そのボイラーを取り扱うにはボイラー技士の資格がないと取り扱うことが出来ません。

ボイラー技士の資格には、取り扱うことの出来るボイラーの種類によって特級、一級、二級の3種類があります。



ボイラー技士のお仕事って?

ボイラーの機械の管理・点検など、ボイラーを取り扱う業務。各資格により、取り扱えるボイラーの規模が定められています。

ボイラー技士の業務
■特級ボイラー技士
全ての規模のボイラー
■一級ボイラー技士
伝熱面積の合計が500嵬にのボイラー
■二級ボイラー技士
伝熱面積の合計が25嵬にのボイラー


資格GETのメリットは?

空調設備のある建物で、ボイラーが使われている場所であれば、全国どこでも仕事があると考えられます。その分、求人もあると考えられます。

また、ボイラー設備の取り扱いには、資格免許が必ず必要です。いま、ボイラー関係に勤めている人であれば、責任者として活躍できるチャンスです。

ボイラー技士の業務は、管理、点検作業が中心です、重労働ではないため中高年の求人もあるのが魅力です。

ボイラー技士資格は、一度取ってしまえば書き換える必要のない終身資格です。そのため、定年後など、将来的にも役に立つ資格といえます。

ボイラー技士になるためには?

ボイラー技士になるためには、安全衛生技術試験協会が行う試験に合格することです。ボイラー技士には、特級、一級、二級の3種類があります。



試験ガイド



試験ガイド
各種 受験資格 試験日 受験手数料 合格率
特級 下記参照 地域により異なる 8,300円 30%程度
一級 下記参照 地域により異なる 8,300円 40%程度
二級 下記参照 地域により異なる 8,300円 50%程度


試験科目
各級 試験科目  内容等
特級 ・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの取扱いに関する知識
・燃料及び燃焼に関する知識
・関係法令
一級 ・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの取扱いに関する知識
・燃料及び燃焼に関する知識
・関係法令
二級 ・ボイラーの構造に関する知識
・ボイラーの取扱いに関する知識
・燃料及び燃焼に関する知識
・関係法令


特級ボイラー技士の受験資格
受験資格
(1)一級ボイラー技士免許を受けた者
(2)学校教育法による大学又は高等専門学校においてボイラーに関する講座又は学科目を修め卒業した者で、その後2年以上の実地修習を経たもの
(3)エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で、2年以上の実地修習を経たもの
(4)海技士(機関1、2級)免許を受けた者
(5)ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの


一級ボイラー技士の受験資格
受験資格
(1)二級ボイラー技士免許を受けた者
(2)学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後1年以上の実地修習を経たもの
(3)エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの
(4)海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
(5)ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの
(6)保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの


二級ボイラー技士の受験資格
受験資格
(1)学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地修習を経たもの
(2)ボイラーの取扱いについて6月以上の実地修習を経たもの
(3)ボイラー取扱技能講習を修了した者で、その後4月以上小規模ボイラーを取り扱った経験があるもの
(4)エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの
(5)海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
(6)ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの
(7)ボイラー実技講習を修了した者
(8)海技士(機関4、5級)免許を受けた者で、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの
(9)保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの
(10)鉱山において、伝熱面積の合計が25岼幣紊離椒ぅ蕁爾鮗茲螳靴辰新亳海あるもの
(但しゲージ圧力が0.4Mpa(4kgf/c屐飽幣紊両気ボイラー又はゲージ圧力0.4Mpa(水頭圧40m)以上の温水ボイラーに限る。)


ボイラー技士お役立ちリンク集



(財)安全衛生技術試験協会
ボイラー技士資格試験の詳細はこちらのホームページをご覧ください。





Sponsored Link