資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

電気工事士

電気工事士って?

電気工事士とは、一般住宅や最大電力500kw未満の工場、ビル、商業施設などの電気工事を行う人の事を言います。

電気工事士には、第一種と第二種の二種類の資格があります。それぞれ従事できる電気工作物によって分かれています。

電気設備の工事は、感電や火災に繋がる恐れがあります。そのため、安全を図るために、一定の技術、知識を持った有資格者でなくては作業してはならないことになっています。



電気工事士のお仕事って?

電気工事士は、新築、増改築などの時に、配線図を見ながら、正しく屋内配線を行い、コンセント設置、照明器具設置、アース施工などの電気工作物を設置、施工する業務を担う仕事を行います。

また、電気工事士の資格は第一種と第二種により電気工作物のより範囲が定められています。

電気工事士の作業範囲
■第一種
第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。
■第二種
一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。


資格GETのメリットは?

一般住宅から小規模住宅、工場、ビル、商業施設まで、電気工事を行うことが出来るため、電気工事士へのニーズは非常に高いと思われます。

資格取得により活躍の場は広がり、就職転職にも強い武器になると考えられます。また、資格取得で報酬がUPすることも考えられます。しかし、ある程度の経験は必要だと思います。

経験を積めば、独立、自営を目指すことも夢ではありません。

電気工事士になるためには?

電気工事士になるには、経済産業省が行う電気工事士試験に合格しなければなりません。その後、都道府県知事の免状交付を受ける必要があります。



試験ガイド



試験ガイド
各種 受験資格 試験日 受験手数料 合格率
第一種 制限なし 筆記試験:10月
技能試験:12月
郵便申込11,300円
ネット申込10,900円
45%程度
第二種 制限なし 筆記試験:6月
技能試験:7月
郵便申込9,600円
ネット申込9,300円
45%程度


試験科目
各種 試験科目 内容等
第一種 筆記試験 (1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気応用
(4)電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
(5)電気工事の施工方法
(6)自家用電気工作物の検査方法
(7)配線図
(8)発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
(9)一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令
技能試験 (1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
(4)電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
(8)自家用電気工作物の検査
(9)自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理
第二種 筆記試験 (1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令
技能試験 (1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理


電気工事士お役立ちリンク集



経済産業省
経済産業省の試験案内ページです。最新の試験情報はこちらです。

財団法人電気技術者試験センター
電気工事士資格試験についての詳しい説明や申込みはこちらから。


Sponsored Link