資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者って?

高圧ガス製造保安責任者とは、高圧ガスを製造、取扱する事業所での高圧ガスに関する知識を有する人で、高圧ガス保安協会が実施する国家試験に合格した人のことです。

高圧ガス製造は、火災や様々な事故繋がる場合があり、製造、管理に高いレベルの知識が必要とされています。

また、高圧ガスの製造、取扱を行う事業者は、必ず、保安責任者を配置しなければならない決まりになっています。



高圧ガス製造保安責任者のお仕事って?

高圧ガス製造保安責任者の資格試験により様々な業務を行います。

化学責任者は、高圧ガス製造所、LPガス製造所で保安などの統括的な業務、機械責任者は製造業務、冷凍機械責任者は、冷凍空調機器の保安、設備業務に携わります。

高圧ガスの製造、販売、移動、消費において高圧ガス資格が必要となります。また、それぞれの業務により取り扱える資格が定められています。

各資格による業務区分
資格/業種区分 製造(冷凍以外) 製造(冷凍) 販売 移動 消費
高圧ガス製造保安責任者(冷凍以外)  
高圧ガス製造保安責任者(冷凍)      
高圧ガス販売主任者      
高圧ガス移動監視者        
特定高圧ガス取扱主任者        


高圧ガス製造保安責任者の業務
■甲種化学・甲種機械責任者
石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的な業務を行う方に必要な資格で、高圧ガスの種類及び製造施設の規模についての制限はありませんので、 保安技術管理者、保安主任者及び保安係員に選任され、全ての製造施設に関する保安に携わることができます。
■乙種化学・乙種機械責任者
石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う方に必要な資格で、高圧ガスの種類については制限はありませんが、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限があります。保安主任者及び保安係員に選任される場合の製造施設の規模についての制限はなく、これらの条件の下で、全ての製造施設に関する保安に携わることができます。
■丙種化学(液化石油ガス)責任者
主として、LPガス充てん事業所、LPガススタンド等のLPガス製造事業所において、LPガスの製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う方に必要な資格で、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限を受けますが、保安主任者及び保安係員に選任される場合は、その規模の制限は受けません。また、所定の経験を有している場合LPガス以外の高圧ガス製造施設の保安係員にも選任されることができ、これらの条件の下で、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができます。
■丙種化学(特別試験科目)責任者
石油化学コンビナート等製造事業所、充てん事業所、天然ガススタンド等において、製造に係る保安の実務的な業務を行う方に必要な資格で、高圧ガスの種類及び製造施設の規模については制限を受けませんが、この資格は保安係員のみに選任され、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができます。
■第一種冷凍機械責任者
主に大型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、全ての冷凍(1日の冷凍能力に制限はありません。)の製造施設に関する保安(冷媒ガスの種類の制限はありません。以下第二種冷凍機械責任者免状・第三種冷凍機械責任者免状においても同じです。)に携わることができます。
■第二種冷凍機械責任者
主に中型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、1日の冷凍能力が300トン未満の製造施設に関する保安に携わることができます。
■第三種冷凍機械責任者
主に小型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、1日の冷凍能力が100トン未満の製造施設に関する保安に携わることができます。


高圧ガス製造保安責任者になるためには?

高圧ガス製造保安責任者になるには、高圧ガス保安協会が実施する資格試験に合格する必要があります。

合格後、甲種化学、甲種機械、第一種冷凍機械は経済産業大臣に、それ他は都道府県知事に申請して交付を受ける必要があります。



試験ガイド



試験ガイド
受験資格 試験日 受験手数料 合格率
制限なし 11月 甲種化学、甲種機械、第一種冷凍機械:14,500円
乙種化学、乙種機械、第二種冷凍機械:10,000円
丙種化学、第三種冷凍機械:9,400円
※インターネットでの申込みで多少割引されます。
各種30%〜50%


試験科目
試験科目 内容等
甲種化学・甲種機械責任者 高圧ガスの製造に必要な化学、機械に関する高度の保安管理の技術
乙種化学・乙種機械責任者 高圧ガスの製造に必要な化学、機械に関する通常の保安管理の技術
丙種化学(液化石油ガス)責任者 液化石油ガスの製造に必要な通常の保安管理の技術
丙種化学(特別試験科目)責任者 高圧ガスの製造に必要な基礎的な保安管理の技術
第一種冷凍機械責任者 冷凍のための高圧ガスの製造に必要な高度の保安管理の技術
第二種冷凍機械責任者 冷凍のための高圧ガスの製造に必要な通常の保安管理の技術
第三種冷凍機械責任者 冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術


高圧ガス製造保安責任者お役立ちリンク集



高圧ガス保安協会
高圧ガス製造保安責任者の資格試験についての詳しい説明はこちらです。





Sponsored Link