資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

危険物取扱者

危険物取扱者って?

危険物取扱者とは、燃焼性の高い、ガソリン、灯油、印刷インク、火薬などなど、火災の原因になるような危険物を取り扱う知識を持った人の事で、各施設での管理主任者のことです。

ガソリンスタンドや化学工場、印刷関係、塗料関係などで、燃焼性のある危険物を取り扱うための技術や知識を持っていなければなりません。



危険物取扱者のお仕事って?

危険物取扱者の業務は、危険物の取扱です。しかし、一般の業務をこなしながらの業務というのが多いようです。

業務を行う上で、危険物取扱者の資格を有していれば、危険物の取扱を行うことが出来、仕事の幅が広がります。

また、資格を有することで、資格手当てや昇給、昇格にも繋がると考えられます。

危険物取扱者には、甲種、乙種、丙種の3種類があり、さらに乙種には、第1種〜第6種まであります。それぞれ取り扱える物品が違ってきます。

危険物取扱者免状の種類
免状の種類 取扱いのできる危険物
甲種 全種類の危険物
乙種 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
丙種 ガソリン、灯油、軽油、重油など


資格GETのメリットは?

資格手当てはもちろん、昇給、昇格も期待されます。今までの業務を続けながらの資格取得になる方は、お分かりのように、危険物取扱者の知識は非常に重要です。企業にとって、危険物を取り扱うことはリスクに繋がることがあるからです。

このようなことから、企業は社員が危険物の取り扱う技術や知識を持っていることを望むようになります。

そういった背景からも、率先して資格取得をする人とは企業にとっても有望な人材とみなされることでしょう。

危険物取扱者になるためには?

危険物取扱者になるには、甲種、乙種、丙種それぞれの資格試験に合格することが必要です。

甲種、乙種、丙種では、取り扱える物品が異なるため、自分の業務にあった資格を受験すれば良いでしょう。

たとえば、ガソリンスタンドであれば、まずは、乙種第4類の資格試験を有していれば十分だと考えられます。昇格にあわせてレベルUPをしていけば良いのではないでしょうか。



試験ガイド



試験ガイド
各種 受験資格 試験日 試験の方法 受験手数料 合格率
甲種 一定の資格が必要 都道府県により異なる マーク・カード 5,000円 30%程度
乙種 制限なし 都道府県により異なる マーク・カード 3,400円 45%程度
丙種 制限なし 都道府県により異なる マーク・カード 2,700円 55%程度


試験科目
試験科目 内容等
甲種 危険物に関する法令
物理学及び化学
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
乙種 危険物に関する法令
基礎的な物理学及び基礎的な化学
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
丙種 危険物に関する法令
燃焼及び消火に関する基礎知識
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法


危険物取扱者お役立ちリンク集



財団法人消防試験研究センター
危険物取扱者の資格試験の詳しい説明はこちらをご覧ください。





Sponsored Link