資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

システムアナリスト

システムアナリストって?

システムアナリストとは、経営戦略に基づく情報戦略の立案から、システム化全体計画、個別システム化計画の策定、結果の評価など、情報システム開発プロジェクトを支援を行うソフトウェア開発技術者です。

情報戦略が経営戦略の一環として重要な位置を占めつつあるなか、システムアナリストは、情報戦略立案、情報技術を活かした業務革新提案、及びシステム化計画策定の担い手として、次の幅広い知識・経験・実践能力が要求されます。

  • 経営戦略を正しく理解し、その中から経営上の課題に対して情報システムによる支援要素を抽出し、具体的な情報システムの構築構想と情報戦略を立案できる。
  • 業務モデル・情報システム全体体系を定義する技術をもち、必要な体制を整え、情報システムの開発課題を分析したうえで、システム化全体計画を策定できる。
  • 情報技術動向やシステム製品動向を把握し、最適な情報システム基盤構成の方針を策定できる。
  • 現状分析、システム化要件の整理、システム概要設計、効果・コスト・リスク評価などを行い、業務革新に貢献する個別システムの開発計画を策定できる。
  • システム化全体計画、個別システム開発計画に対する評価ポイントを作成できる。また、システム化の結果を、有効性や達成品質水準などの観点から評価できる。




システムアナリストのお仕事って?

情報システムの企画・計画の段階で、情報戦略立案、システム化全体計画策定、個別システム化計画策定を行います。

また開発導入の段階で、戦略と計画に基づく情報システム構築の実施に関する推進支援や、システム化と同時に進める業務革新の推進支援を行うとともに、それらの結果に関する評価を行う業務に従事しします。

具体的には、経営戦略と一貫性のある情報戦略の立案、システム化全体計画の策定、資源及び組織の運営方針を策定、業務革新に貢献するシステム化案の提案、戦略と計画に基づく情報システム構築と情報システムサービス運営の実施の支援、システム化の結果に関して、合目的性・有効性・効率性・達成品質水準の評価などがあります。

システムアナリストの業務
■経営事業戦略立案への助言
○経営要求の確認
○ビジネスモデル立案への助言
○ビジネスプロセスレベルでの理解
■情報戦略の立案
○業務環境の調査・分析
○現行業務の調査・分析
○情報システムの調査・分析
○情報技術動向の調査・分析
○基本戦略の策定
○業務の新全体像と投資対象の選定
○情報戦略の作成と承認および推進体制の提案
■情報システム構想の立案
○対象業務システム課題の定義
○対象業務システムの分析
○適用情報技術の調査
○業務モデルの作成
○システム方式の策定(システムアーキテクチャ)
○費用とシステム投資効果の予測
○情報戦略との検証
○情報システム構想の作成と承認
■システム計画の立案
○基本要件の実現性の検討
○開発スケジュールの大枠作成
○システム選定方針の策定
○情報システム開発プロジェクト推進体制の策定
○システム移行に対する基本方針の明確化
○システム運用と保守に対する基本方針の明確化
○環境整備に対する基本方針の明確化
○教育・訓練に対する基本方針の明確化
○品質に対する基本方針の明確化
○システム計画の作成と承認
■情報システム開発プロジェクト計画への支援
○情報システム開発プロジェクト計画作成への支援
○情報システム開発プロジェクト計画承認への助言
■システム評価
○システム運用の評価
○業務運用の評価
■情報化コンサルテーション
○情報システムにおける総合的コンサルテーション
○IT利用に関するコンサルテーション


資格GETのメリットは?

この資格に挑戦する人は既にそれなりの経験がある人でしょう。更なる知識を身に付け、スキルUPと共に資格取得でその証明をしたいところです。

就職転職にも有利で、有資格者での転職は非常に有利だと考えられます。ただ、転職の際ではシステムアナリストでの経験や実績がどれほどあるかが問われることでしょう。

たくさんのプロジェクトを成功させていれば、転職するにしてもさらに高い報酬や有利な環境で働けることはもちろんですが、それなりの責任も大きくなると考えられます。それがやりがいを生むことは間違いないと思います。

システムアナリストになるためには?

情報処理推進機構が実施する資格試験に合格することです。

この資格のガイドラインでは、「産業界で実務を遂行する情報処理技術者が身に付けておくべき知識・技能・能力の水準を規定するだけでなく、国際的にも通用する技術者像と、学校等教育機関がこれらの技術者像に基づいてどう教育・訓練を実施すべきであるかについての方法も規定する必要がある。」とあります。

それなりの知識や経験が必要でしょう。

試験区分体系図 上級システムアドミニストレータ 初級システムアドミニストレータ 情報セキュリティアドミニストレータ テクニカルエンジニア アプリケーションエンジニア プロジェクトマネージャ システムアナリスト システム監査技術者 ソフトウェア開発技術者 基本情報技術者



試験ガイド



試験ガイド
受験資格 試験日 受験手数料 合格率
制限なし 10月 5,100円 8%前後


システムアナリスト試験科目
試験科目 内容等
知識 コンピュータシステム
システムの開発と運用
セキュリティと標準化
情報化と経営
技術の応用能力 情報戦略の策定と情報システムの構築構想に関すること
情報システムの全体計画の立案・推進に関すること
個別システムの開発計画の立案・推進に関すること
※機↓供↓靴狼蚕僖譽戰襪鯢修掘↓靴最も高度で、靴廊教擇哭気髻↓兇廊気鯤餞泙靴泙后

システムアナリストお役立ちリンク集



独立行政法人情報処理推進機構
試験についての詳しい情報や申込みはこちらのサイトからどうぞ。





Sponsored Link