資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

救急救命士

救急救命士って?

救急救命士とは、救急車などの車両内で、医師の指示の下、救命処置を行うことの出来る人の事です。

救急救命士は、基本的に消防機関での勤務で、国家公務員として働いています。救急救命士を目指すには、もともと公務員として消防署員であったり、救急救命士を目指すために公務員試験を受けるといった方法があります。



救急救命士のお仕事って?

救急救命士のお仕事は、救急車などの緊急車両での救命処置が主な業務です。1分1秒を争う非常に責任のある業務です。

救急救命士の業務
■静脈路確保
乳酸リンゲル液を用いた静脈路確保のための輸液
■器具を用いた気道確保
食道閉鎖式エアウェイまたはラリンゲアルマスクを用いた気道確保
■薬剤投与
救急救命士法施行規則第21条第3号の規定に基づき厚生労働大臣の指定する薬剤


救急救命士になるためには?

救急救命士になるには、厚生労働省の行う救急救命士試験に合格することです。また、消防機関に勤めるためには、公務員試験にも合格する必要があります。

ここでは、救急救命士試験についてのみ説明いたします。

救急救命士の受験資格
受験資格
(1)学校教育法(昭和22年法律第26号)第56条第1項の規定により大学に入学することができる者(この規定により文部科学大臣の指定した学校である場合において、当該大学が同条第2項の規定により当該大学に入学させた者を含む。)であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得したもの
(2)学校教育法に基づく大学若しくは高等専門学校、旧大学令(大正7年勅令第388号)に基づく大学又は救急救命士法施行規則(平成3年厚生省令第44号。以下「規則」という。)第13条に規定する学校、文教研修施設若しくは養成所において1年(高等専門学校にあっては、4年)以上修業し、かつ、厚生労働大臣の指定する科目を修めた者であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、1年以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得したもの  なお、厚生労働大臣の指定する科目は、公衆衛生学、医学概論、解剖学、生理学、薬理学、病理学、生化学、微生物学、看護学概論、内科学、外科学、小児科学、産婦人科学、整形外科学、脳外科学、精神医学及び放射線医学のうち13科目である。
(3)学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)又は旧大学令に基づく大学において厚生労働大臣の指定する科目を修めて卒業した者  なお、厚生労働大臣の指定する科目は、公衆衛生学、解剖学、生理学、薬理学、病理学、生化学、微生物学、内科学、外科学、小児科学、産婦人科学、整形外科学、脳外科学、精神医学、放射線医学及び臨床実習である。
(4)消防法(昭和23年法律第186号)第2条第9項に規定する救急業務(以下「救急業務」という。)に関する講習で規則第14条に規定するものの課程を修了し、及び5年(救急活動を行った時間が2,000時間に至った場合においては、それまでの間に救急業務に従事した期間)以上救急業務に従事した者(学校教育法第56条第1項の規定により大学に入学できるもの(この規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が同条第2項の規定により当該大学に入学させた者を含む。)に限る。)であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、1年(当該学校又は救急救命士養成所のうち規則第16条に規定するものにあっては、6月)以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得したもの
(5)外国の救急救命処置に関する学校若しくは養成所を卒業し、又は外国で救急救命士に係る厚生労働大臣の免許に相当する免許を受けた者であって、厚生労働大臣が(1)から(4)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの
(6)法の施行の際(平成3年8月15日)現に救急救命士として必要な知識及び技能の修得を終えている者又は法の施行の際現に救急救命士として必要な知識及び技能を修得中であり、その修得を法の施行後に終えた者であって、厚生労働大臣が(1)から(5)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの




試験ガイド

試験地は、北海道、東京都、愛知県、大阪府及び福岡県

試験ガイド
受験資格 試験日 受験手数料 合格率
上記参照 9月、3月 33,600円 80%〜90%


試験科目
試験科目 内容等
(1)基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む。)
(2)臨床救急医学総論
(3)臨床救急医学各論(一)(臓器器官別臨床医学をいう。)
(4)臨床救急医学各論(二)(病態別臨床医学をいう。)
(5)臨床救急医学各論(三)(特殊病態別臨床医学をいう。)


救急救命士お役立ちリンク集



厚生労働省
救急救命士試験の詳細は、厚生労働省の資格・試験案内を参照にしてください。





Sponsored Link