資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

介護福祉士

介護福祉士って?

介護の専門的知識とスキルで援助する介護のエキスパート。これからの高齢化社会でますます活躍の場が広がっていく資格です。

介護福祉士の試験には受験資格があります。ホームヘルパーとして3年以上の実務経験など。



介護福祉士のお仕事って?

介護に関する様々な問題に対してのお仕事があります。老人福祉施設や障害者福祉施設などのお仕事と在宅介護などが主なお仕事になります。

介護福祉士の業務
■身体・生活介助
食事、排泄、入浴の介助、自宅での清掃、買い物、その他生活での介助などを行います。老人福祉施設や障害者福祉施設、在宅介護などで行います。
■相談・助言・社会活動援助
介護に関する様々な相談や助言を行います。生活、介護、家族、対人関係その他、社会生活での問題などの相談や助言など。


介護福祉士が必要とされる現場

資格GETのメリットは?

専門知識と技術を持ち質の高い介護が行えるプロフェッショナルとして多くの職場で活躍の場が提供されます。

これからの高齢化社会を考えると、職には困らないでしょう。また、ホームヘルパーのスキルUPとして介護福祉士の資格を取得することも良いと思います。

また、介護福祉士の知識があれば、自分の両親の介護をするときなどにも捕縄に役に立つものとなるでしょう。

しかし、介護福祉士の業務は時間も不規則で、体力的にも重労働です。その割にはお給料が低いというデータもあります。資格GETをしたが、いざ職に就くとなかなか続かないということも・・・。

介護福祉士のみならず、介護の仕事は強い意志が必要だと考えます。 その分、人とのふれあいや喜びも多くやりがいを感じる職業ではないでしょうか。

更なる、スキルUPを考えて、ケアマネージャーとのダブルライセンスGETを目指してはいかがでしょう。

介護福祉士になるためには?

介護福祉士になるためにはいくつかの方法があります。高等学校を卒業のあと、養成施設を卒業する場合(国家試験免除)と介護系高等学校を経て、国家試験を受験する方法、ホームヘルパーなどの介護実務を3年以上経験の後、試験を受験する方法です。

介護福祉士になるためには



試験ガイド



介護福祉士の受験資格
受験資格 内容
実務経験による受験 受験資格となる実務経験で、現に就労した期間・日数が筆記試験前日までに通算して、従業期間:1095日以上、従事日数:540日以上必要です。
■従業期間
実務経験の対象となる施設(事業)及び職種での在職期間(休日等を含む)
■従事日数
従業期間内において実際に介護等の業務に従事した日数
福祉系高等学校卒業による受験 学校教育法による高等学校または中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数を修めて卒業した方(卒業する見込みの方を含む)・大学へ「飛び入学」した方


試験ガイド
受験資格 試験日 試験の方法 受験手数料 合格率
上記参照 筆記試験:1月
実技試験:3月
筆記・実技 12,800円 50%


試験科目
試験科目 内容等
筆記試験 社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術及び形態別介護技術
実技試験 介護等に関する専門的技能


介護福祉士お役立ちリンク集



社会福祉振興・試験センター
介護福祉士試験の詳細はこちら社会福祉振興・試験センターのホームページで。





Sponsored Link