資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

TOP 資格GET総合INFO 資格取得TOP 不動産・建築系資格 建築士(一級、二級、木造)

建築士(一級、二級、木造)

建築士って?

建築士には、設計監理できる建築物の違いによって、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類の資格に分けられています。

建築士のお仕事は、マンションや戸建住宅、あらゆる建造物の設計が主な業務です。

非常にポピュラーなお仕事なので、あえて説明は致しません。

一級建築士
一級建築士は国土交通大臣の免許を受け、一級建築士の名称を用いて設計工事監理等の業務を行うものです。一級建築士の取り扱う建築物は無限です。下記に上げる物は、一級建築士でなければ設計できません。
  • 学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店の用途に供する建築物で延べ面積が500屬鯆兇┐襪發
  • 木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの
  • 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が300屐高さが13m、または軒の高さが9mを超えるもの
  • 延べ面積が1000屬鯆兇┳遒蝶数が二階以上のもの
二級建築士
二級建築士は都道府県知事の免許を受けて二級建築士の名称を用いて設計工事監理等の業務を行うものです。二級建築士が設計・工事監理のできる限度範囲は以下のとおりです。
  • 学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店などの公共建築物は延べ面積が500嵬にのもの
  • 木造建築物または建築の部分で高さが13mまたは軒の高さが9mを超えないもの
  • 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が30屐300屐高さが13mまたは軒の高さが9m以内のもの
  • 延べ面積が100屐別畋い侶築物にあっては、300屐砲鯆兇─∨瑤漏数が3以上の建築物(ただし、第3条の2第3項に都道府県の条例により規模を別に定めることもできるとする規定がある)
木造建築士
木造建築士は都道府県知事の免許を受け、木造建築士の名称を用いて、木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う者です。
  • 木造建築物で延べ面積が300岼米癲△つ2階以下のものを設計・工事監理が出来る。



資格GETのメリットは?

建築士の資格を持っていれば、就職、転職はもちろん、独立開業も夢ではありません。

ゼネコンや建築事務所等の就職には、非常に有利な資格だと思います。 しかし、建築業界は景気、不景気などに左右される業種でもあります。

「夢のマイホーム」という言葉もまだまだ健在のようです。夢を現実化するお仕事が建築士の仕事。センスや快適さを重視した家の設計は、顧客を満足させることが出来るやりがいのある職業だと思います。

また、高度な安全性なども、さらに見直されています。より良い暮らしを提案することが建築士の使命になっています。

建築士になるためには?

一級建築士になるには、国土交通大臣の行う一級建築士試験に合格する必要があります。また、二級建築士、木造建築士は、それぞれ都道府県知事の行う二級建築士試験又は木造建築士試験に合格する必要があります。

建築士の受験資格
受験資格 内容
一級建築士 (1)大学(新制・旧制)の建築または土木課程を卒業後、実務経験(大学院を含む)2年以上
(2)3年制短期大学(夜間は除く)の建築または土木課程を卒業後、実務経験3年以上
(3)2年制短期大学または高等専門学校(旧制専門学校を含む)の建築・土木課程卒業後実務経験4年以上
(4)二級建築士取得後、実務経験4年以上
二級建築士 (1)大学(旧制大学・短大を含む)又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)の建築課程を卒業したもの
(2)大学の土木課程卒業後、実務経験1年以上
(3)高等学校(旧制中学校を含む)建築・土木課程卒業後実務経験3年以上
(4)義務教育終了後、実務経験7年以上
木造建築士 (1)大学(旧制大学、短期大学を含む)又は高等専門学校(旧制専門学校を含む)を卒業したもの
(2)建築・土木の課程を履修し、高等学校(旧制中等学校を含む)を卒業したもの
(3)学歴に関係なく、建築に関する実務経験が7年以上のもの




試験ガイド



試験ガイド
受験資格 試験日 受験手数料 合格率
上記参照 学科試験:7月
設計・製図試験:一級、木造 10月 二級 9月
15,100円 一級建築士:8%
二級建築士:20%
木造建築士:45%


  
試験科目
  試験科目 内容等
一級建築士 学科機雰築計画) 建築計画、環境工学、建築設備(設備機器の概要を含む。)等
学科供雰築法規) 建築法規
学科掘雰築構造) 構造力学、建築一般構造、建築材料
学科検雰築施工) 建築施工、建築積算等
二級建築士 学科機雰築計画)
学科供雰築法規)
木造建築士 学科掘雰築構造)
学科検雰築施工)


建築士お役立ちリンク集



財団法人建築技術普及センター
建築士資格試験の詳しい説明はこちらのサイトをご覧ください。

国土交通省
一級建築士試験の詳細は、国土交通省の国家試験案内を参照してください。


Sponsored Link