資格ゲッター
 ID:  PW:
 IDとパスワードを記憶
ホーム •  ニュース •  フォーラム •  アカウント情報 •  サイト内検索 •  新規登録
 お気に入り登録
Yahoo!ブックマークに登録   この記事をはてなブックマークに登録   この記事を livedoor クリップに登録   この記事を del.icio.us に登録   この記事を GoogleBookmark に追加   お気に入り に登録
 メインメニュー
 資格GET総合INFOメニュー

転職サイト「green」の
詳しいページはこちらです。

_HD_BREADCRUMBS

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者って?

宅地建物取引主任者とは、(単に宅建と言われる事が多い)不動産の売買や賃借契約の代理などを行う不動産のエキスパートです。

不動産の事務所には、必ず、宅地建物取引主任者を5人に1人の割合で置かなくてはなりません。そのため、業界には必ず求められる資格になっています。

宅地建物取引主任者は非常に人気の資格です。毎年受験者数も増加しています。また、この資格を有すれば、不動産業界のみならず、住宅メーカー、建設業界、土地などを担保として扱う金融機関と様々な業界で求められています。

また、マイホーム購入の時などにも、細かい不動産取引の内容が理解でいている宅建資格を持っていれば、有利に購入が出来るでしょう。



宅地建物取引主任者のお仕事って?

宅地建物取引主任者の主な業務jには、重要事項の説明があります。これは、宅地建物取引主任者の独占業務です。

また、その確認、記名、捺印、契約書への記名、捺印がおもな業務です。

これらの仕事は、宅地建物取引主任者以外にはできないようになっています。そのため、有資格者の重要性は非常に高いと思われます。

宅地建物取引主任者は専任の取引主任者でなくとも、その業務を行うことができます。

宅地建物取引主任者の業務
■重要事項の説明
重要事項の説明は宅地建物取引主任者が宅地建物取引主任者証を提示して行い、重要事項説明書に記名・押印します。
■37条書面「契約書」への記名、捺印
売買契約書の内容をチェックし記名、捺印をします。


重要事項の説明とは
宅地建物取引業法では、契約の締結前までに、宅地建物取引業者が相手方に対して不動産取引に関する重要事項を記載した書面を交付し説明を行わなくてはなりません。
不動産取引では、通常、権利関係や法令等の複雑なものが多く、顧客である一般の人には十分な知識がない場合が多いです。
そのため、宅地建物取引業者がその説明をすることが義務付けられているということです。
そのときに説明を記した書類のを重要事項の説明書といいます。


資格GETのメリットは?

宅地建物取引主任者の資格の知識は、様々なところで活用することができます。就職、転職には非常に有利な資格だと考えます。

また、不動産業務を行う事業所には、有資格者を5人に1人置かなくてはならないため、非常にニーズの高い資格です。

また、不動産業では、設備投資が非常に少ないことがメリットです。不動産仲買業での独立開業もしやすいと思います。

もともと、宅建の知識というのは、私たちの生活に密着したものが多いと思います。資格を勉強することで、生活を守ってくれたり、マイホームを購入する時や賃貸契約を結ぶ時には非常に安心できるでしょう。

宅建の資格試験は、その他の有望な資格と試験内容が共通するところが多いです。そのため、ダブルライセンスGETのチャンスです。

この機会に、他の有望な資格も一緒にとって、更なるスキルUPを目指しましょう。

宅地建物取引主任者ダブルライセンスGET

不動産鑑定士マンション管理士管理業務主任者司法書士行政書士社会保障労務士FP中小企業診断士などなど。

宅地建物取引主任者になるためには?

宅地建物取引主任者になるためには、(財)不動産適正取引推進機構が主催する宅建試験に合格する必要があります。

合格後、宅地建物取引主任者となるためには、受験地の都道府県知事の取引主任者資格登録を受け、かつ、宅地建物取引主任者証の交付を受ける必要があります。



試験ガイド



試験ガイド
受験資格 試験日 試験の方法 受験手数料 合格率
制限なし 10月 マークシート方式 7,000円 15%〜17%


試験の基準及び内容
試験の基準及び内容
宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。
試験の内容は、おおむね次のとおりです。

一 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
二 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
三 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
四 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
五 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
六 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
七 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。


宅地建物取引主任者お役立ちリンク集



(財)不動産適正取引推進機構
宅地建物取引主任者の資格試験の詳しい内容やネット申込みはこちらのホームページから。

宅地建物取引業法
宅地建物取引主任者の資格試験でも重要な宅地建物取引業法はこちらで観覧できます。

不動産用語辞典
不動産用語辞典はこちら
Sponsored Link